ホワイトシェパードをもっと知りたい!というかたは、観察日記 と ホワイトシェパード情報サイト

カプチーノ

オオカミ的な顔立ちをさらに強調!

面長でマズルも細長く、目の色素が薄い。大きな耳や鼻・目のまわりなど色素の濃さ。そしてこの顔立ち。当犬舎が追い求めている新しいタイプのホワイトシェパードです。野性的な雰囲気を強調した血統で、これが当犬舎独特の顔立ちです。母系が野性的な顔立ちを持つナイスレディラインが強く現れ、シェパードというよりもオオカミ的印象を与える母犬です。 この子の耳と耳の間隔は狭い。間隔の狭さは、当犬舎の改良によって得た特徴であり、ジャーマンシェパードにさらに近づけることができています。耳と耳の間隔が極端に広く、丸みを帯びたタイプが現在の一般的なホワイトシェパードですが、当犬舎のホワイトシェパードは、ジャーマンシェパードに近づけるため、徹底した交配・改良をおこないその特徴を手に入れました。 その間隔の狭さをしっかりと発現し、先細りした幅のある大きな耳が、野性的な雰囲気をさらに感じさせることができるかと思います。 当犬舎独自の呼び名であったB系。その後継となる大変優秀な母犬です。

母犬のページへ戻る