ホワイトシェパードをもっと知りたい!というかたは、観察日記 と ホワイトシェパード情報サイト

福岡県 Y様 画像:獅子丸くん

ここのサイトは昔から知っていました。あることがきっかけで見学に行くことにしたのですが、営利目的のブリーダーさんは非常に嫌いな私は、最初は様子見。だって福岡県は保健所に連れて行かれる犬の数は日本一ですよ。命あるものを処分するってどういうこと?だからブリーダーさんから犬を譲っていただくっていう行為そのものが嫌いだったんです。買うくらいなら保健所で一人でも命を救いたい!そういう気持ちだったんですよね。なのでどんな人なのか、どんな飼い方なのかをじっくりと見学。カルチャーショックですよ。『本物』のブリーダーさんってこういう人のことなのか・・・その感動は今でも忘れません。まず『売らない』主義。基本『売りたくない』ですって。意味が分からんって思いましたけど、気持ち分かります。自分の子を譲るわけですから、わが子を嫁に出すのと変わりないんですよ。それに選べないってところ。正直どれも同じに見えましたからどの子でも良かったんです。でもその人の性格を見抜いてどの子が自分にとって合うのかを考えてくれますので、自分で選ばないほうが見のためです。素人が手を出すところではありません。専門家に任せておけば間違いありませんから。刷り込みのことなんて全く知らなかったし、訓練なんてしなくても言葉が分かるっていうことを初めて知りました。訓練はいわゆる押さえ込みですよ。軍隊です。命令すればそりゃ誰だって命令を聞きます。ところがここは『信頼関係』のもとに人間の言葉を自ら犬が理解しようとするんです。大型犬は私は何度も飼ったことがあります。その犬たちの行動とはまるっきり違うんです。そりゃ訓練所にも出していましたから、命令は聞きます。しかしその犬たちにはなぜか『心』がないんです。目が死んでいるというか、私はこの種の犬を『ミスターポポ』と呼んでいます。今でこそ『ポポ』を見るとすぐにわかります。刷り込みの入っていない『心』のない犬だなって。獅子丸には『心』があります。これは今まで大型犬を飼ったことがある人であればわかるのではないでしょうか。いつも一緒に行動します。特に命令するわけではありませんが、いつも一緒です。夏は暑いし、冬は暖かい。本を読むときでも膝枕してきます。トイレのときもドアの前で待っています。寝るときも同じような格好をして、くっついて寝ています。散歩のときも立ち止まると身体をピッタリと足元にくっつけてきます。『ALWAYS HERE』です。『いつもここにいるよ』なんです。 ALWAYS HEREであればしつけも簡単。悩むことはありません。素敵なブリーダーさん、素敵な犬に出逢えたなって思えました。獅子丸はかけがえのない存在です。ブサイクだけど大好き。『本物』志向であればここは間違いないですよ。『ポポ』をお求めならお勧めしません。どちらも一長一短。しかし『真実』は一つしかないということを分かっていただきたいと思います。

お客様の声に戻る